制御・基礎コース
 ※実施場所 宇部市大字西沖の山字西沖1-2
      (PETエンジニアリングセンター)
 大気水質監視計器基礎研修
コンプライアンス最優先の中で,大気水質監視計器の正しい運用管理は重要課題です。
大気水質監視計器に関する技術者の育成は企業としての使命です。

・大気監視計器の検出原理,構造について学習します。
・分析計のカットモデル,実習機を活用し,分析計の構造,取扱をわかりやすく習得します。
・水質監視計器の検出原理,構造について学習します。
・大気汚染防止法や計量法についても学習します。
カリキュラム
日 程 カリキュラム 内      容
1日目  大気監視計器の測定原理 排ガス分析計に使用されている非分散型赤外線式,化学発光式や磁気式酸素計等の測定原理や基本的な構造を学習
(NO,SO,O,NH
 大気監視計器実習【実習】 実習教材であるガス分析計の構造確認,校正試験を行い,分析計の構造や測定原理の学習および日常保守点検要領を習得
2日目
 水質監視計器の測定原理 導電率計,pH計,残留塩素計等の測定原理や基本的な構造を学習
 関係法令 大気汚染防止法および計量法を学習し法令に則した分析計の取扱い技術を習得
※状況により研修期間内でのカリキュラムの入替えや終了時間が若干変更となる場合がありますので,あらかじめご了承ください。

受講料
1名様 ¥ 57,000
オープン研修 お申し込みはこちら
研修教材
教 材 名 仕      様
排ガス分析計  NO-O分析装置
(非分散型赤外線式濃度計,磁気式酸素濃度計)
研修コース一覧から受付状況をご確認の上,お申込ください。
[トップページ]                        [一つ前に戻る]